madaraの来世に期待

不織布マスクして投票に出よう

【RPDR】カナダ版S1リユニオン【感想】

カナダ版ドラァグ・レースこと、Canada's Drag Race Season1のリユニオン(Canada’s Drag Race Season 1 Anniversary Extravaganzが配信されました。なんと1時間半の大ボリューム。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/madadaism/20210616/20210616033429.png

 

 
 
 
 
 
Instagramでこの投稿を見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カナダのドラァグレースが共有する投稿(@canadasdragrace)

www.instagram.com

 

軽い感想を書こうと思います。1周年か…早いですね~

 

 

リンク探すのに手間取ったので、貼っておきます。カテゴリー分けが謎で…

www.wowpresentsplus.com

ジュースボックス、カイン、アナスタージアとトーク

 

最初のポークチョップになってしまったジュースボックス。アナスタージアはジュースボックスの帰った時を覚えてない。「あの時に裁縫の仕方を知ってたらこの服を作ってたはず」と裁縫チャレンジのリメイクを着てきている。

 

元々、SNSで活躍していたカイン。まあちょっと番組でヴィランみたいになってしまった所はありますよね。ブルックリンに不遜な態度だったり、なんだかんだ面白かったなと思い出しました。番組を盛り上げてくれてありがとうという感じ。

 

ジュースはカインと前から知り合いだから、番組中で言ってることはそんなにシリアスじゃないってわかっていた。アナスタージアは初対面だけど、やっぱりなんだかんだカインのヴィランぶりが面白かった。カインは「後悔してない」と言いきってて流石ですよねw徹してます。

 

アナスタージアの殺されかけた話。あの後、色んな反応があった。肯定的なものばかりではなくて、「あの時殺されればよかったのに」というような同じ母国の出身者から言われたりもした。ひどいですね…でも母親と激動の関係だった男性から「自分の中の傷ついた子供の心が癒された」とお礼を言われたりもして、シェアして良かった。

 

プリ「どうして鏡にメッセージを残さなかったの?私達に怒ってるのかと思った。」

アナ「いや、言いたいことはステージで全部言ったから別に書かなくていいと思っただけ」

こういう誤解が解けるのがリユニオンの良いところですよね。

 

タイノミは番組を面白くするために「嫌な態度!(Such a cunt move!)」ってわざと言ってたんじゃないか?彼女はプロだねという。(後で観直してみよう笑)

 

アナスタージアのトーク、面白いですね。ドラァグ・レース自体はシーズン1しか観てないんだそうです。本当に忙しかったから。でも、自分の関わってる業界のことはチェックするようにしているとかで。同じくドラァグ・レース観てないBB・ザハラ・ボネットにかけてるのか、「Busy Bitch略してBB」とかポンポン出てくるw

 

パージェントとドラァグ・レースは違うの!と力説していてそれは本当にそう思います。パージェントで連勝してるような人でもなかなか勝ち進むの難しいですもんね、ドラァグ・レースって…

 

タイノミ、イローナ、キアラとトーク

タイノミはカナダではビッグ・ネームなのに、途中でエリミしてまったことにみんなショックを受けていた。「彼女のfierceさはどこに?とか言われるけど、いやーデザインとかにはそういうの出ないよね」と言っていて、確かに出しにくいですよね。しかもテーマに合わせたデザインにしたのに…という無念さが残るチャレンジでした。

 

 
 
 
 
 
Instagramでこの投稿を見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ILONA VERLEY(@ilonaverley)が共有する投稿

www.instagram.com

イローナの泣くシーンを集めて、you won't see me crying on the dance floorという歌詞を被せてくる編集が上手いですね。タイノミが「もし立ち去ったら私に対して失礼だよ!」と言葉をかけた話とか、かなり裏話で聞けて良かった。タイノミが話すといつも泣いちゃうとかいうイローナがかわいい。そしてルックもかわいかったですね!パステルでいっつもかわいいですけど。

 

キアラとプリヤンカのリップシンク、効果音が過剰で面白いです(笑)そういえば効果音の使い方が独特だったなカナダって…

 

内輪ネタのはずだったKiki wanna kaikai~というフレーズが広まり過ぎて、今や出会った人が叫んで来たりして変なシチュエーションに。誰もタイプのキャストがいないって言ってたけど、本当はどうなの!?とか言われて結局誤魔化して終わってて良かったです。いや、その手の質問っていつも気まずいですよね。

 

セリーヌ・ディオンがプリヤンカとキアラのリップシンクを見ていたという情報が…

 

DUSTED OR BUSTED

DUSTEDがTOOTBUSTEDがBOOTみたいな意味だと解釈しました。本編のランウェイを改めてレビューといった感じの企画ですね。慣れてないので途中でどっちがどっちだっけと思ってしまいましたが、ランウェイの振り返りも兼ねてて楽しい。

 

ボア、レモンとトーク

BOAもイローナも番組中よりも番組後にレモンと仲良くなった。ちょっと早めに去ったねというプリヤンカは、レモンに対してちょっと気を使ってるのかなと思ってしまった。

 

リタはレモンのことがめちゃくちゃ好きだから今日、リユニオンに来ない?部屋が隣同士だったけどリタとレモンには何も起きなかった…とレモンは言っている。

 
 
 
 
 
Instagramでこの投稿を見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

-BOA-が共有する投稿(@boathedragqueen)

www.instagram.com

実はBOAの帽子がUFOになっているのがかわいいです。

 

カインがまた登場。モニターがひとつしかないから、ひとりずつしか遠隔で加われないんでしょうか?本編中の口喧嘩についてカインがちゃんと謝るも、ボアは別に喧嘩した時のことは覚えてないっていうすごいサバサバした終わりでよかったです。

 

リダンプションということでリップシンクをやり直すという形でしょうか?全身タイツが〇〇〇さんだったのはびっくりです!(観てびっくりして欲しいので伏せておきます)

 

ジンボ、リタとトーク

 

編集もあるけどジンボさん、大体、叫んでた気がしますね(笑)ジンボさんとリタの戦いは静かでしたね…それが逆に怖さあるんですがどちらも落ち着いた対応してたのが印象深いです。

 

ジンボさんは別に番組中の扱いが不遇だったと思っていないんだとか。でも、リタがデニムルックで勝ったことがちょっと納得がいかないジンボさんwリアルタイムに見てた当時の予想ではリタがウィナーになるんじゃないかなと私は思っていたんですよね。

 

リタはジンボさんにアドバイスしようとしたけど、ジンボさんはそれにNo!と言ったそうな。リタは欠席のため、メッセージのみ。モントリオールのイベントに出るので出演できなかったそうです。番組終了後は大忙しなのだとか。

 

ボボ、プリヤンカのトーク

 

ボボが出てきたー!と思ったら、いやいや公式でこんなセーフ集を作るとか…制作側はこういうイメージ付けにしたいんだろうなーと思うとあんまり良い気はしないです。それにしてもボボのデビルルックかわいいですね!

ボボは現在、ジンボさんとUKツアーを行っており、現地でプリヤンカと再会も。

 

プリヤンカは「お父さんにカムアウトした……私が妊娠してるって事を!」というギャグを飛ばして自分のパートに入っていくという。結構、シリアスな話題だと思うんですけど、プリヤンカってこういう雰囲気の調整みたいなものが本当に上手いなとか思いました。

 

父親には「仕事を辞めたし、私はゲイだし、ドラァグ・クイーンだ」といっぺんに打ち明けたということでしたが、「とても協力的な母親と同じように父親のことも言えるようになったよ」と話していて本当に良かったですね!

 

シーズン2のジャッジ4人とプリヤンカでトーク

シーズン1のジャッジであるステイシー・マッケンジーはコロナ関連で参加できない理由があり、シーズン2では降板になってしまいました。カナダのジャッジで一番好きだったので寂しいです。ジェフリー・ボイヤー・チャップマンも多忙を理由にシーズン2には出演しません。

 

なんで4人とも立ったままのトークなんだろうという素朴な疑問が出てきましたが、シーズン2収録の合間とかだったんですかね?

 

シーズン2からジャッジに加わるAmanda Brugelは、お酒が飲めるようになった初めての誕生日をドラァグ・バーで過ごしたと言っていました。調べたら『ハンドメイド・テイル』のリタ役の人ですね。いつも厳しそうな表情だったので、分からなかったです。お母さんのようなジャッジと言っていたんですがどんな風になるのだろう。お手柔らかにお願いしたい…

 

ドラマドラマドラマ

ボボが番組中はごめんなさいと言ってボアと和解。ボアはプリヤンカが連絡を返してくれなかったのはどういうこと?と追及するなどドラマを次々に提供。

 

番組で生まれたプレッシャーがそうさせたというようなことをプリヤンカは言っていましたが、ネタにできるぐらいに落ち着いて良かったですよね…

 

ボローナ

イローナが不安定なときに喧嘩してそれから6か月も経っちゃったそうで…ボボはイローナと接触したくてたまらなかったけど周りから彼女のスペースを尊重して、と止められてたとかなんとかかんとか…とりあえずお互いのことは大好きなのに~というキリがなさそうなところでサッと上手く割って入るプリヤンカが巧みじゃないですか…?ボローナのふたり大好きなので上手くいくといいですね…

 

番組の中で謝りたいと思ったことをコメントしていくRupaulogizeも軽い総集編で面白かったです。見返したい欲を刺激される…

 

プリヤンカの新MV『Come Through』

 

youtu.be

 

最後はプリヤンカの連作MVから『Come Through』が初公開。レモンとコラボしているんですが、プリヤンカとレモンがそれぞれ『アダムスファミリー』のモーティシア、ゴメズに扮しているのがとてもいいです!初めから終わりまでレモンがかっこよすぎましたね。

 

カナダS1、ジャッジにモヤモヤしつつもキャストのお陰で楽しく観れた部分も多かったなと懐かしくなりました。S2はどうなるんでしょう。

 

とりあえずS1観直そうかな…と思ってたら今月23日にUKのシーズン3が来ます。早い!

www.madara.work

 

>>その他のル・ポールのドラァグレース関連記事はこちら