madaraの来世に期待

不織布マスクして投票に出よう

【RPDR】スペイン版 S1EP1 "¡Bienvenidas a España!”

ル・ポールのドラァグレースのフランチャイズスペイン版ドラァグ・レースことDrag Race España(ドラァグ・レースエスパーニャ)のエピソード1感想です。簡略的な内容になっています。

f:id:madadaism:20210619071043p:plain

 ※ネタバレ注意!

 

エントランス

各キャストのエントランス・ルックをチェックできます。↓

www.instagram.com


・Segittariaの女神ルックかわいいなあ。エルサに見られないといいけど!と言っていたらArantxaに「ガールフレンドができて幸せになったけどディズニーに捨てられたエルサ」とかshade飛ばしてて結構キツいですねwでもSegittariaArantxaがどんなルックしてたか思い出せない素振りをわざとしてたしお互い様なのかも…とはいえピンクとブルーのコンビネーションがいいよねっと仲良くしようとはしている様子。

 

・注目していたHugaceoさん!のっけからアーティスティックですね…絵画みたいだ…立体というより平面というか…

 

・Carmen Faralaはデスパレードな妻たちに出てきそうな…(あんまり詳しくありませんが)態度もなかなかツーンとしている印象ですね?Faralaの発音にはこだわりが。

 

・Pupiさん、なんでヨーデルなんだろう笑 Carmenと火花を飛ばしている模様…身長が一番小さいのかな。

 

・Killer queen!いそうでいない名前ですよね(いや、知らないだけで他にもいるのか?)なんと、医師でもあるとのこと。明るくて元気な印象です。

 

・Dovimaさん好きなスタイルだ…つよいぞ…(語彙力)Segittariaとはルームメイト()だったようですが気まずそう。ルックがそれぞれ女神と悪魔風なので並んでいると対称的。

 

・Intiボリビア出身。先にいたキャストに合流する前に、一瞬の間があるのがおもしろかった。パースにはインターセックスが描写されているようです。

 

・Drag Volcano…またものすごいインパクトの人がやってきた!「sumptuous(豪華)」と自身のスタイルを説明していますが、納得です。身長も高いので迫力もひとしお。

 

・The Macarenaはとにかく「wierd」だと自身のドラァグのスタイルを説明しています。Paco Clavel(スペインの画家・歌手)、Marujita Diaz(スペインの歌手・俳優)、そしてスターリンを混ぜたようなとか言ってましたが…?うーん良く分からない。料理を自作して持ってくるなど初見のインパクトは強いです。

 

好きなルックはSegittaria、Hugaceo、Dovima、Drag Volcanoですかね。

 

さて、一通りそろったところで招集がかかります。

 

"Hold onto your panties!"

 

今回の号令はこれのようですね。訳は「自分のパンティーを押さえてて!」とかでいいのだろうか。登場したのはホストのSpremme。賞金は30,000ユーロ…日本円にして約391万円程度と説明されます。

 

ミニチャレンジ

スペインということで動く機械の牛に乗っての写真撮影。闘牛を意識してるんでしょうかね?

 

ケープがヒラヒラしたSegittariaは写真映えしそう。Intiは全身赤なこともあって、趣旨にぴったりな気がします。Carmenは暴れ牛にしっかり捕まってタマ(勇気)を見せていたので、ウィナーなのは納得でした。画像だけじゃなくて映像でも見てて楽しい。

 

脚広げにくいルックだと不利だなと思ったんですが、事前にそれとなく言ってたりするんですかね?ミニスカートの人達も果敢に挑戦していましたが…Arantxaはノーパンでちょっと恥ずかしい!みたいになってましたね。

 

何気にSpremmeHugaceoのヘッドギア?を持っていてあげていて優しいなと思いました。

 

マキシチャレンジ 

ラクタの入った箱をそれぞれ取り、そこからベスト・ルックを作り上げる…いわゆる裁縫チャレンジですね。1回目から腕試しというわけか…ちょっとS6を連想してしまいます。

 

ゲスト・ジャッジのAna Lockingの存在にナーバスになるCarmen…

ノンバイナリーはHugaceoThe MacarenaArantxaIntiの4人なんですね。

Papiは自分のルックにえらく自信が無さそうだけど大丈夫でしょうか…?

 

www.instagram.com

Hugaceoさんの自分の涙を袖のモップで拭き取るルック面白いですね。ウィナーって言われてモップで頭覆うのかわいいなー。Segittariaのもハイファッション感あって好きです。髪型もワークルームでは「?」と思っていたんですが、あのルックにするとハマりますね。

 

Dovimaさんのも好きだ…ミステリアスで。やっぱりSegittariaと似ているというか…姉妹感があります。Macarenaさんはキャンピーな個性がちゃんと出ているなと思いました。Carmenはフェミニンなドラァグに振り切っていて、それはそれでいいな…というか当たり前だけど全部自分で作ってるんですよね…ブラの部分もとは恐れ入りました。まるで既製品のよう…

 

リップシンク

 

Sobreviviré

Sobreviviré

  • Mónica Naranjo
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

今回のリップシンク曲はMónica Naranjoの「Sobreviviré」。Macarenaは始まる前から心の準備がしっかりできていそうな様子でした。死に物狂いな様子のMacarenaとギミックを使いつつも華麗さを決して失わないDovimaという好対照な名リップシンク…!

 

私これMacarenaがstayだと思ってたんですよね…曲とドラマティックな動きがあってるし。途中の盛り上げなんかとても目を引いたので…Macarenaリップシンクはとてもエモーショナルで生で観てみたいなと思わせられたパフォーマンスでした。ウィッグ脱ぎがやっぱりマイナスだったのかな…

youtu.be

 

DR出演後のMacarena「Turn the Glamour on」という曲をリリースしています。リリックビデオにはエントランス時のルックがそのままミニフィギュア化したようなかわいらしいキャラクターが登場。

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by The Macarena (@iamthemacarena)

www.instagram.com

 

コメディ・チャレンジで活躍しそうだったのでこんな早い段階で帰ってしまったのは残念です…最後まで明るく振る舞っていたのも胸が痛いところ。自分の体にコンプレックスがあったけれども、セラピーに行ったことで自信が持てた。外見からシス男性だと思われやすいが、ノンバイナリーで…とワークルームで話してくれましたがこういうエピソードトーク出るとやっぱりエリミの警告ランプが…

 

評判が良いので観なければ~と思っていましたが、やっと観れましたエスパーニャ…字幕の慣れはいるけど意外といけそうな気がする…Holland S2も来るのでちょっとずつ感想投下できればなと思います。(AS6もね)ジャッジ、最初にしっかりと褒めてからの批評なので、心が折れにくいのかも…?

 

※他の感想ブロクの方が書かれていたんですが、DovimaについてはRedditレイシストでは?と告発されているようです。該当ページで確認したところ、ブレイズをした白人クイーンを批判したPOC(有色人種)のクイーンに対して、侮辱的なことを言ったようですね。一人だけを完全に避けて書くことができないですし、今後も名前が登場するかとは思います…ご了承ください。

 

  >>その他のル・ポールのドラァグレース関連記事はこちら