madaraの来世に期待

海外映画・ドラマ・音楽、RPDR、そしてDrag Race Thailand

スポンサーリンク

【感想】『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン3第5話

『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン3第5話"不明な発信者"の感想です。

www.instagram.com

 ※思いっきりネタバレあり

 

 

ウォーターフォード夫妻の申し出とは

www.instagram.com

ニコールに会いたい一心のセリーナは、ジューンに「夫ルークへ電話してくれ」と依頼します。一度は断ったジューンですが、セリーナに貸しを作る形で結局は実行することに。

感情を抑えきって、人前では涙一粒も流さなかったジューンは本当に強いですね。

ルークは泣き崩れていましたが…

ハンカチを差し出すローレンス司令官…!夫人であるエレノアもジューンを気遣い、声をかけます。大学の頃の夫が恋しいと打ち明けるエレノア。

物置でジューンは昔、ローレンス司令官が、エレノアに作ったカセットテープのミックスを見つけます。

ラジカセに入れると、場違いなほど明るい曲が流れてきますが、Leo Sayer の『You Make Me Feel Like Dancing』という曲です。

タイトルを直訳すると「君は僕を踊りたいような気持ちにさせる」という意味。

You Make Me Feel Like Dancing (Single Version)

You Make Me Feel Like Dancing (Single Version)

  • レオ・セイヤー
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

空港で…

 

www.instagram.com

 

セリーナの私服姿、すごく新鮮ですね。回想では見たことがありましたが。印象が大分違う。

最初はルークも冷たかったですが、セリーナに接して彼女のニコールへの愛情を感じ取り少し軟化したようでした。

ニコールと会った後に案の定荒れるセリーナ。

てっきりルークに渡してないと思いましたが、ちゃんと彼の手元にはジューンからのメッセージが吹き込まれたカセットが。

ルークにとっては衝撃的な内容が吹き込まれていました。ちゃんと伝えるジューンは偉いよな…相手の幸せも考えての決断だろうし…

セリーナのカバンにさりげなく電話を紛らわせたアメリカ政府の男性、マーク・トゥエロ(S2E9に登場していました)は今後の伏線になりそうですね。

 

 フローレンス夫妻に少し変化が

ジューンがルークに電話をかけた次の日、フローレンス家にはNick Loweの『Cruel to Be Kind』という曲が流れていました。

タイトルを直訳すると「残酷になるのは優しくなるため」といった意味。

ぎこちなく隣通しに座るフローレンス夫妻は微笑ましいです。ジューンも思わず微笑んでいましたが。

そういえばエミリーを逃がそうした時、フローレンス司令官は車の中でガンガンに音楽を流していましたよね。

あの時は彼がどんな人物か判明していなかったので、「得体の知れない怖さ」に繋がっていました。しかし、今回のエピソードを見る限り「音楽」は彼のソフトな面を象徴しているのかもしれません。

Cruel to Be Kind

Cruel to Be Kind

  • provided courtesy of iTunes

 血まみれの日曜日

セリーナの心変わりにより、最悪の展開に。ルークの身に危険が迫る?

もう本当にウォーターフォード夫妻はとことんジューンを苦しめる存在ですね。

セリーナのニコールへの気持ちを司令官が利用した形とも言えますが(私はセリーナに甘いw)

拳を握りしめるジューンの気持ちを代弁するように流れるのは、U2の『Sunday Bloody Sunday』。

I can't believe the news today
Oh, I can't close my eyes and make it go away
How long, how long must we sing this song?
How long? How long?
'Cause tonight, we can be as one
Tonight

Sunday Bloody Sunday/U2

 (意訳)

今日のそのニュースを信じられない

ああ、目を閉じてそれを消し去ることができない

どれだけ長く どれだけ長く私達はこの歌を歌えばいいのか

どれだけ長く?どれだけ長く?

今夜、私達は一つになる

今夜

 

元々は血の日曜日事件をテーマにした曲だそうです。

ブラディ・サンデー (U2の曲) - Wikipedia

作曲者のフラストレーションが詰まった曲みたいですね。ジューンの心にもウォーターフォード夫妻への怒りが渦巻いていたことでしょう。

セリーナ、本当にニコールが絡むと平気で約束破るし、脆くなり過ぎだろう…と思ってしまいますが最終的にはジューンと共闘して…くれますよね!?期待しています。

 

Sunday Bloody Sunday

Sunday Bloody Sunday

  • U2
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 関連記事のご紹介

www.madara.work

 

 

www.madara.work

 

 

www.madara.work

 

www.madara.work

 

 

www.madara.work