madaraの来世に期待

海外映画・ドラマ・音楽、RPDR、そしてDrag Race Thailand

スポンサーリンク

映画『ボヘミアン・ラプソディ』がアカデミー賞4冠に!

いよいよ、2019年度のアカデミー賞が発表されました。

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』が5部門でノミネートされていましたが、果たしてその結果とは?

そして、クイーンと共にオープニングを飾ったアダム・ランバートのファッションをチェックしてみました!(ただの趣味)

 

 

 

 

 

クイーン+アダム・ランバートオープニングアクトからスタート!

 

youtu.be

 

演奏したのはウィ・ウィル・ロック・ユー伝説のチャンピオン(We Are the Championsとの2曲。

映画の表題曲でもあるボヘミアン・ラプソディは今回は演奏しませんでした。

 

ブライアン・メイとの信頼関係が窺えるパフォーマンスだなあと思いました。

(もちろんロジャー・テイラーとも)

ステージ前方に走り寄ってくる瞬間とか特に目頭が熱くなりました。

 

ノリノリだったジェニファー・ロペスの好感度はアップしました(笑)

 

 

ツイートでも書いていましたが、アダムがクイーンとパフォーマンスを始めてから実に7年。

 

そして、アメリカン・アイドルのファイナルでクイーンとWe Are the Championsで共演してから10年余り。


アカデミー賞授賞式という大舞台で再び同じ曲を演奏するとは何というアメリカンドリーム!

 

何回も言ってる気がしますがアダムに関しては本当にそれを体現していると感じてしまうんですよね~勝手に感情移入して感動してしまいます。

 

肝心のアカデミー賞の結果は…?

 

 

見事、主演男優賞を勝ち取ったラミ・マレック
恋人であるメアリー役のルーシー・ボイントンとのキスシーンがとても感動的でしたね!

 

他に主演男優賞にノミネートされていたのは、クリスチャン・ベールブラッドリー・クーパーウィレム・デフォー、ビゴ・モーテンセンと歴戦の強豪ぞろい。

 

僕はエジプトからの移民の息子で、アメリカ人としては一世にあたります。僕の物語は、今ここで記されています。僕を信じてくれた皆さんに感謝してもし切れません。

引用:感動的!『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック受賞スピーチ全文:第91回アカデミー賞 - シネマトゥデイ

 

エジプト系であるラミ・マレックがオスカーを勝ち取ったというのも、またアメリカン・ドリームを体現したものと言えるでしょう。

 

ボヘミアン・ラプソディ』は主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞を受賞。

作品賞以外はノミネートされた部門を総なめという結果です。

 

おめでとうございます!

そして、個人的にこの映画に出会えて本当に良かったなと思っています。

 

アダムのファッションをチェック

 続いて、個人的な趣味ですが…w

今回のステージ以外でのアダムのファッションをまとめてみました。

レッド・カーペットはトム・フォードとアレクサンダー・マックイーン

 

  カフスが長いのが特徴。

 

 耳にも注目!

パフォーマンスはジバンシィ

 

首元のボウタイ部分と黒いグローブがたまりませんね。

あと、ブライアンとの仲の良さが伝わる画像で好きです。 

アフターパーティはグッチ

本当にフリルのブラウスが似合う方ですよね~

 

最後にラミとアダムの2ショットを載せて終わりたいと思います。

おめでとうございました!

 

 
 
 
View this post on Instagram

@ramimalek !!!

ADAMLAMBERTさん(@adamlambert)がシェアした投稿 -