madaraの来世に期待

海外映画・ドラマ・音楽、RPDR、そしてDrag Race Thailand

スポンサーリンク

【RPDR】ル・ポールのドラァグレース好きな人におすすめしたいMV

 

RPDR(ル・ポールのドラァグレース)シリーズが好きな方におすすめしたいMVを3つご紹介したいと思います。

選んだ基準は以下の4つ。

 

 

  

  • あまり知られていないもの
  • 男性ミュージシャンの作品であること
  • グラム・ロックは除く
  • 知っているとRPDRがもっと楽しめるかも

グラム・ロック(クイーン、T-REXデヴィッド・ボウイボーイ・ジョージデッド・オア・アライブなど)は挙げるとキリがないので…私は大好きなんですけどねw

 

 

Lightning Strikes/クラウス・ノミ

 

youtu.be

 

 

シーズン6エピソード7でコートニー・アクトがこのクラウス・ノミの衣装にインスパイアされたものを身に着けていました。

 

80年代前半にソロデビューしたドイツ出身のミュージシャンです。

マリア・カラスに憧れてソプラノ歌手を目指していたんだそうで、その楽曲はオペラ×ポップといった独特なもの。

パートナーであるジョーイ・アリアス*1と一緒にデヴィット・ボウイのバック・コーラスを務めていた経歴があります。

 

1983年に残念ながら、逝去されています。

 

彼はHIVで亡くなった初めての著名人*2とも言われています。

 

すでに死期が迫っている中、気力を振り絞って歌った『The Cold Song』*3はぜひ聴いて欲しいですね。

Klaus Nomi - The Cold Song (Good Quality) - YouTube

 

悲しい最期を迎えてしまったクラウス・ノミですが、そのとても奇妙でありながらキュートなその魅力は未だに影響を与え続けていると言えるでしょう。*4

 

MVということで今回は『Lightning Strikes』をご紹介しましたが、『Total Eclipse*5や『Nomi Song』、『Simple Man』、『ICUROK』など明るくてユニークな曲が多いのでぜひチェックしてみてください!

 

Deep In Vogue/マルコム・マクラーレン

 

youtu.be

 

何か見覚えあるな~と思った方、正解です。

 

マドンナの大ヒット曲『Vouge』の元ネタですね。なんと、『Vouge』がリリースされたのはこのわずか9か月後!How dare you!Madonna!!

 

この曲の製作者であるマルコム・マクラーレンは元々イギリスでかのヴィヴィアン・ウエストウッドとブティックを開いていた方です。

でも、バンド・マネージャーとしての顔のほうがはるかに有名で、ニューヨーク・ドールズセックス・ピストルズを見出して“パンク・ムーブメント”を起こした張本人でもあります。

 

そんな彼は当時、NYハーレム地区のゲイ・カルチャー「ボール(BALL)」に魅入られていたようです。『Vouge』というダンスはこうした「ボール」文化を中心に生まれたものです。

 

ドキュメンタリー映画『パリ、夜は眠らない』*6と同時期にリリースされたこの曲は、同映画の出演者Willi Ninja(ウィリー・ニンジャ)*7がダンサーとしてMVに出演し、ラップも披露しています。

 

 

じっくりとヴォーギングを堪能できるMVとなっており、RPDRで時々クイーンが踊ってる「Vouge」ってどんなダンス?と思っている方はぜひ、観てください。

ダンスが表現するストーリーを想像しながら観ると楽しいでしょう。激しいだけでなく、エレガントな動きに目が釘付けです!

 

Too Funky/ジョージ・マイケル

 

youtu.be

 

You're perfect, you're beautiful, you look like Linda Evangelista
You're a model…

 

残念ながら 2016年に亡くなってしまったジョージ・マイケル『Too Funky』は1992年にリリースされました。

MVの内容は観て分かる通り、当時のスーパーモデル達がランウェイを闊歩*8するというもの。

 

そこにはかのリンダ・エヴァンジェリスタの姿もあります!(笑)

 

きっとRPDRでランウェイ・チャレンジのパートが好きな人は大いに楽しめることでしょう。

 

モデルたちの眩い美しさはさることながら、今見ても先鋭的なファッションあり、舞台裏のキャットファイトありで見ごたえがあります。(実は後半に新人時代のタイラ・バンクスも登場している。)

 

ジョージ・マイケルの代表曲『Freedom! '90』のMVにもリンダ、ナオミ・キャンベルなどが登場していますが、自分は『Too Funky』の方がずっと良いと思います。やっぱりランウェイでこそスーパーモデルは輝くのでしょう。

 

ランウェイ・クイーンなRPDRシーズン3優勝者のラジャがこの曲でパフォーマンスしている映像がYouTubeにあったので探してみてください。

 

 

  

以上、ル・ポールのドラァグレース好きな人におすすめしたいMVでございました!

 

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました♪

madaraでした!

>>その他のル・ポールのドラァグレース関連記事はこちら!

*1:ノミの衣装を手掛け、バック・ダンサーも務めていた。現在もNYでドラァグ・クイーンとして活躍中

*2:フレディ・マーキュリーよりずっと前

*3:セミ・オペラ『アーサー王』の曲

*4:2005年にはドキュメンタリー映画『ノミ・ソング』が公開された

*5:ライブ映像がおすすめ

*6:「ボール」文化を描いており、RPDRでル・ポールが良く言っているセリフが満載の映画。

*7:マドンナのVouge』にも出演

*8:大げさに誇張してありますがw